ことば。アーチエス。

ようこそ ゲスト様 
最近の投稿
カテゴリ一覧
月別過去ログ
ログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失

2009年10月15日(木曜日)

こんにちは、アーチエスの桑原です。

先月書いたインフルエンザも気になるところですが、
最近とっても気になっていることがあります。

それは、食品添加物。

 
スーパーやコンビニで食べ物を買うときに、
必ずパッケージの裏側の成分表示を見てしまいます。

というか見るようにしています。

ステビア、ソルビン酸、硝酸ナトリウム、、、etc

何にでも添加物って入っているんですね。

ハム、ソーセージなどは入っていない無添加のものを
探すのは無理なんじゃないかと思ったりしてしまいます。
それぐらい、どれにも入っています。。。

子供が好きな駄菓子にもたっぷり入っています。

なぜ駄菓子にいっぱい入っているのでしょうか?

私が子供のころ食べていたものは添加物だらけだったという
ことでしょうか。。。

 
 
あまり気にしすぎるのも良くないことは重々承知している
つもりですが、人体に危険性がある(と思われる)ことで
米国やヨーロッパで禁止されている
添加物ですら使われていたりするので驚きです。
 
 
赤色2号とか赤色3号とか。。。
 
きっと、体に良くないですよね。。。

と思っていたら、先日
「アメリカ人は何を食べてきたか?」という番組を
ヒストリーチャンネルで見ました。

食品の歴史探訪のようで、ちょうど私が見た回は”ホットドッグ”でした。

アメリカ人はホットドッグが好きで一人当たり年間70本も食べるそうです。

すごいですね。

でも、ホットドッグに挟まっているソーセージを作っているシーン。
大量の添加物の粉をいれていました。

あれを食べているかと思うと少しショックだったのですが、
そんなアメリカよりも、日本のほうが危険な添加物が使われているって
考えると少し動揺が。。。

栄養不足や環境汚染、感染症など
人体に影響があるものっていろいろありますが、

どちらかと言えば、添加物が少ないものがうれしいです。

人間のためにも、地球のためにも。


カレンダー
2009年 10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
検索
© ARCHES Co.Ltd. All rights reserved.